バルシビルの購入はこちら>>

前兆を見逃さないで

中身が出ている

ヘルペスウィルスというのは体内に潜伏しており、体調が悪くなった時や免疫力が低下した時に、唇や性器の周辺に水ぶくれを作り出します。
そして、バルシビルにはこの水ぶくれが出来るのを予防する効果が有るのですが、この水ぶくれが出来るのを予防するためにバルシビルを使用したいと思っているのであれば、あるものを見逃してはいけない……と言われています。
そのあるものとは何かというと、ヘルペスが出来る前兆です。

ヘルペスは前駆期・初期・中期・後期の計4段階で症状が進行していきます。
そして、この4段階中最も始めに訪れる前駆期……このタイミングでバルシビルを服用することによって、体内のヘルペスウイルスが増殖し、水ぶくれが出来るのを予防することが出来るのです。
前駆期の特徴として、患部への刺激があります。
前駆期になると、ヘルペスの出来る部位に対してヒリヒリとした刺激や、チクチクと刺すような弱い痛みが現れるようになります。
この刺激というのは、患部に対してヘルペスウィルスが集まり始めている……という証拠で、この痛みが現れているタイミングでバルシビルを服用すると、ヘルペスウィルスの増殖を予防し、水ぶくれを出すこと無く、ヘルペスを沈静化させることが出来るのです。

しかし、もしこの段階で何も対策を行わなかった場合、半日ほどで患部が赤く腫れ始める初期段階に移行し、それから2・3日で水ぶくれが出来る中期に、その後1週間ほどで水ぶくれが自然に潰れ、患部にかさぶたができる後期症状に移行します。
このかさぶたが剥がれることによって、ヘルペスの症状は沈静化するのですが、それまでの痛みや痒み、不快感というのは非常に強いものなので、ヘルペスの痛みや不快感などに悩みたくないと思っているのであれば、必ず前駆期の症状が現れた段階で治療を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です